現代社会における必須インフラ!?ネットワーク監視の概要と特徴を知ろう

ネットワーク監視って何?

ネットワークが正常に機能しているかどうか、外部から攻撃されていないかどうか等を24時間体制でチェックすることを、ネットワーク監視と言います。サーバートラフィックの急激な増加などにより、通信異常が発生したら速やかにしかるべき部署に報告し、対策を行うことになります。たとえばウェブサーバにおいては定期的にHTTP要求を送り、メールサーバにおいてはテストメッセを送信することが一般的な監視方法です。ほんの僅かな時間でも、ネットワークがダウンしたら企業に重大な影響が及びますから、地味ながら重要な作業と言えるでしょう。

具体的には何を監視するの?

ネットワーク監視における対象のひとつがハードウェアです。監視対象となるサーバやパソコンなどのCPU及びメモリ使用率、ハードディスクの残量などを監視します。これらの数値を監視することで、ハードウェアの機能不全を未然に防ぐことが可能となります。ネットワーク監視における最も重要な監視対象はトラフィックでしょう。トラフィックとは要するに、道路の混雑状況のようなものです。常にトラフィックの量を監視することで、サーバダウンを予防できます。

年々重要性が高まっているネットワーク監視ツール

インターネット黎明期とは違い、現代はネットワークの24時間フル稼働が当たり前となりました。利用方法もどんどんリッチになっており、従来とは比べものにならないほど膨大なデータの送受信が行われるようになっています。このような時代においては、ごく短期間のネットワーク停止すら企業の信用を大きく落とすことに繋がるため、ネットワーク監視の重要性は日々高まっています。とはいえ、ネットワークをマンパワーで24時間監視することはコスト的にも割りにあいませんから、自動監視ツールを導入することが最も現実的な対策と言えるでしょう。

どのユーザーがどのネットワークをどれくらいの頻度で利用したのかといった、多くのフロー情報を見える化するツールをフロー監視ツールと呼びます。本ツールを導入することで、問題ユーザーを容易に把握できます。